ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

待ち合わせでの体験談 RSS icon Antenna icon
※体験談以外投稿禁止

1 2 3 4 5

都会の死角

投稿者:uno ◆WNrWKtkPz.
削除依頼
2009/10/22 01:19:32 (5.ZXIfjt)
山手線のターミナル駅に面するホテル、オフィス、ショップも併設した複合
施設。

彼女は指定したその施設にあるリムジンバスの待合室で待っていた。彼女以
外には中年の男性がひとり…。
柱にもたれる様にして茶系の上下にカーディガンを羽織り黒いストッキング
がその場には似つかわしくない妖艶さをかかもし出していた。大人の女
性…。
でもブラを着けないで来て欲しいと言う願いは私と彼女以外は知らない。


彼女とは一月程前にメールのやり取りから一度電車でのプレーをご一緒頂き
お礼のメールから、また今日街中での痴〇プレーを提案し現実のものとなっ
た。
まずは会話は無し…メールでのやり取り…
私からの提案は「リアルっぽい」と彼女を喜ばせた。

静かな待合室に入ると彼女はうつむいたまま携帯電話を眺めていた。一瞬、
体が強ばった様に見えた。

最初は彼女から見えない位置に座る。


「ドキドキする。こんなのはじめて…」とメールが…


待合室にいる中年の男性は外を見たり鞄を開けたり…
頃合いを見て立ち上がり自販機でコーヒーを買い向かい合わせに置かれたベ
ンチの彼女の前に座り直し彼女にメールを…


「私の方に向いて足を開いて…」


携帯をいじる手が止まり画面を見つめながら彼女が姿勢を変えた。
少しずつ…少しずつ…閉じられていた膝頭が離れていく。


「顔をあげれない…あんまり見ないで…」と彼女からのメール。


彼女の開かれた膝頭の間からガータータイプのストッキングが見えた時、も
う一人年配の男性が待合室に入ってきて私の二つ隣に腰掛けた。
彼女の一旦閉じられた膝頭を見て


「良く見えない」とメールを送る


携帯を見た彼女は体勢を変えるふりをして大きく足を開いた。


「ガーターの奥に淡いピンクの下着が良く見えます
もっと開いて…」


彼女は携帯の画面を見つめながら今よりも少し足を開いた。
私達はそんなメールをしている…二人の男性は知らずに…
でも私の目の前には、私のメールで足を開いて…私に見える様にガーター…
そして、その奥の下着を見せる女性がいることを。


「もう…無理…」


と彼女からのメールが合図の様に待合室にいた人は私達以外にはいなくなっ
た。
彼女の肩から何気なく安堵の雰囲気が感じかれた。


「今から横に座って、ブラが無いか確かめます。
確かめ終わり席を立ったら私に付いて来て下さい。」


私の送ったメールを確認したかの様に携帯を閉じた音に反応する様に私は無
言で彼女の横に座った。
彼女のカーディガンを分け…胸の頂に指を這わす…柔らかい感触の中に芯の
様な塊が…ゆっくり大切に弧を描く様に人差し指で撫でる…
彼女は肩で大きく深呼吸をした様に見えた。

私はまた無言で立ち上がり待合室の扉まで進むと私と同じ歩調で歩く彼女の
足音が続く。
待合室を出て直ぐに出入口が扉になった階段がある。その扉を開き彼女を誘
う。
誰もいない階段…
少し歩調を緩めると彼女は私の横に並ぶ様になった。
無言で彼女の背中に指先をはわす…
背中から腰…そしてヒップに…
深呼吸がやがて吐息に変わっていった。
階段を降りるたびに下に進む指先。踊り場に差し掛かる時には彼女のスカー
トの後ろの裾を摘まみ一気に彼女の股間に指先を差し入れた。


彼女の耳元で…
「濡れてる…」と囁くと
彼女は黙って頷いた。

また足を進め階段を降りる。彼女は黙って私の後を追う様についてきた。
エレベーターに乗り地上に。
もちろんエレベーターの中では彼女の背後から優しくヒップを撫でる。


地上の雑踏に出て数歩あるいて歩調を緩め背後にいる彼女に寄り道をする事
を伝え、すぐにある飲食雑居ビルのエレベーターホールに入る。昼前の雑居
ビルは閑散とし夜のネオン、人影が全て消えいる。
無言で二人エレベーターに乗り適当な階で降りてみると薄暗がりのホール。
防犯カメラを避ける様に非常用階段の扉を開け彼女を押し入れた。
背後から無言で彼女の胸を手のひらで包み込む…その手を閉じる様に動か
し…服の上からブラを着けていないかをまた確かめる様に乳首を優しく摘ま
み上げた。


「ドキドキしました?」
「とっても…」

初めて交わした会話。

人気の無い非常階段の踊り場で淫靡な雰囲気が漂う。
彼女を背後から抱く様にして彼女を包み込む。
隆起した胸の先を確かめる様にして優しく摘まんでみたり…
スカートの上からガーターベルトの位置を確かめる様にして優しく指先で撫
でて見たり…
耳を優しく甘噛みしてみたり…
次第に彼女の口から柔らかい吐息が聞こえはじめた…
11
2009/10/21 09:27:32 (MpQkbkB9)
二年前位に、ロマンスカーに乗りました。疲れていた私は、窓際に座って、上着を足元に掛けて眠ってしまいました。

しばらくすると、下半身が熱いので目が覚めました。隣には、スーツの50歳くらいのおじ様がいて、私のあそこをいじっているのです。
もちろん、手元は上着で隠れているため見えません。恐怖で身体がすくんでいると、おじ様は、「怖くないよ、大人しくしていたら悪いようにはしないから」と言って、私に足を拡げるように言いました。
私は頷き、そっと足を拡げました。

パンティの裾から、おじ様の長い指が入ってきます。私は震えながら、それに耐えていました。
その指はゆっくりと溝をなぞり、小さな突起にぶつかります。私がびくんと身体をすくませると、怖くないよ、と言って、そこを円を描くようにくるくるとなぞりはじめました。

強い刺激に、私は腰を捩ると、「じっとして…」と耳で囁いてきます。声が出そうになるのを堪えながら耐えると、「いい子だ」と言って、膣に指を入れてきました。指は第一関節で曲がり、くにくにと気持ちいいところを刺激します。
同時に親指で突起を刺激されると、気持ちよくて私はいってしまいました。

それから一年くらいは、おじ様とよく待ち合わせしては、痴漢プレイをしていました。

一番興奮したのは、カラオケでのクンニです。

まずは曲を50曲くらい入れ込んで、声が出てもいいようにします。それから、おじ様は私のブラをずらし、乳首をくわえます。ちぱちぱと舐めたあとは、下に手を入れてきます。キスしながら膣に指を差し入れ、突起を擦ってきます。
そのあと、死角になる場所で、長いスカートに頭を入れて、パンティを下ろします。
私に拡げるよう命令し、私はびらびらを拡げます。
硬く勃起した突起を、おじ様は固く尖らした舌で、ちょんちょんと舐めてくれます。
「あん、もう、もう」
私が言うと、指を入れてくれます。そして、口腔に突起を含んで、指を三本、膣に入れてかき回します。

私がおじ様の頭を掴みながら、いってしまうとおしまいで、別れました。全く、セックスには興味がないみたいでした。


今思い出しては、一人えっちにふけっています。
12

大阪です

投稿者:ダイ ◆leOlQaZxog  aquerion
削除依頼
2009/10/14 02:47:40 (RyfCqUB2)
初めまして。

先日初めて痴漢体験をしました。
あまりの興奮に冷めやらず、初書込みしてしまいました(>_<)

連休にネカフェに入って調べものついでに痴漢掲示板で相手募集してました。

いつも返事すら来た事ないのでどうせ…と思ってたら少ししたらメールが来ました。

旅行でたまたま大阪に来てるとの事。
少しだけ時間ありますので場所教えてとの事。

だまされてると思いつつも場所を教えたらすぐ入店、少女漫画コーナーにいると。

展開が早くこんな事あるんだろうか?と思って行って見たら、20代前半のスタイル抜群の女性が一人で立ち読みしてます。

私に気付くとさっと目をそらしましたが、とても可愛らしい方で、ますます不安になりました。

勇気を振り絞って(笑)通りすがる感じでゆっくりと近付いて真横に立って見ました。

彼女は、不自然なほど特に意識する事なく立ち読みを続けてます。
少々漫画コーナーに男が一人いて真横に近付かれたら普通だったら怪しまれるだろうに、彼女の仕草は私の不安を払拭してくれたのだと思います。

そのおかげか、彼女のお尻にそっと手を当てて見ました。

周りには人の気配はなかったのですが、それでも心臓は爆発寸前です。

白いワンピース越しにお尻を触っても彼女は平然を装ってか、立ち読みを続けていました。

これで全て吹っ切れたのか、すぐさまワンピースの下からお尻を触りまくりました。

グレーのトレンカを履いていましたが、私はお構いなしに触りまくり、次第に股間へも手を伸ばしました。

彼女はいつの間にか、漫画を閉じて棚を見つめているようでした。
少し息遣いも荒く、時折ビクッと体をくねらせたりするんです。

もう、すっかり興奮してしまい、彼女の前からワンピースをまくり上げてあそこをこすりました。

トレンカ越でも私の指はトロトロになり、彼女は逝ったように見えました。
一度部屋に戻り、彼女に気持ち良かったですか?とメールをしてみました。

すると、もっと触って欲しい、しかも生でと返事が…!

漫画喫茶の少女漫画コーナーの一角で、まるでAVの撮影でもしているかのように彼女に手マンしてました。

最後はビチョビチョとホントに周りに聞こえるくらい音を立てて彼女は逝きました。
これは嘘のようでホントの話で、未だに思い出してはオナニーしてしまいます(>_<)

以上、長文失礼しました(^_^;)
13

始めての新幹線

投稿者:えみ ◆kvwkR8uYDM  nure-emi
削除依頼
2009/10/11 17:43:41 (By50mmz2)

数年前までは神奈川に住んで都内勤務だったので、待ち合わせなどせず毎日のように常連さんのリアル痴漢で気持ち良く通勤してました。

ところが、田舎に越してきてリアル痴漢に会うのは不可能…。
最近は待ち合わせして、外、しかも国道沿いでお触りプレイをしてます(笑)。

つい先日、台風の来た日、久しぶりに同級生に会いに神奈川へ行くことに。
ダメ元で新幹線での募集をしてみました。
すると、名古屋からご一緒できるとのレスが。

しかし、リアル痴漢専門なもので、会話はしないのがポリシーで(笑)。
乗った車両と、不自然に胸が見えてる、寝ますとだけヒントを出すとすぐに隣に人が座り、すかさず胸を揉んできました。

とても残念なことに、新幹線に乗った途端に生理になってしまったので、その旨も相手の方には伝えておきました。

なすがまま寝たふりをしていると、胸の広くあいているカットソーを下にずらし、貧乳まるだし(笑)。
豪快に揉みまくってました。

私は、どちらかというと強く揉んでもらったり、乳首もクリクリ強めにしてもらうのが好きなので、ガシガシ揉んでもらっていいきぶん。

は〜。
生理じゃなければ、アソコにも指入れてかきまわして欲しいのに…。
自然と足も開いてしまう…。
その思いが通じたのか、ただ貧乳だけではものたりなかったのか、アソコにも手が伸びてきました。
超〜薄型のナプキンをしていたのでクリトリスは充分に感じます。
ついつい腰が動いてしまう。
でも指が…指が…。

それでも小田原までの2時間あまり、休むことなく貧乳を揉みまくり、乳首引っ張ってみたり、舐めてみたり。
とても気持ちよく、あっと言う間に到着しました。
ありがとうございます。

次回は生理じゃない日に、アソコも攻めて欲しい中年デブで貧乳の私なのでした(笑)。


14

横浜910で

投稿者:太郎 ◆stg4pyQPO6
削除依頼
2009/09/30 19:16:04 (CQvlYLZu)
報告です。

ただいま横浜のネカフェで待ち合わせ進入痴漢しました。

相手は25歳の女の子。

ネカフェに入って部屋番号を伝え、外で待っていると私の部屋に入り目隠し
をして待っていてくれました。

待ちきれなかったようで朝からローターでオナニーをして、アソコを洪水状
態にして私が来るのを待っていてくれました。

乳首から入念にいたずらをし、洗濯ばさみで乳首を挟みつつ、周りにバレな
いようにパイパンのあそこに指をいれ栗をやさしく・・・。

時間がなかったのであまりできませんでしたが、初めての経験で久しぶりに
ドキドキさせてもらいました。


15
1 2 3 4 5

この掲示板には書き込みできません。